猫の健康状態 猫を迎える前に

猫に実際に会いに行き、健康状態を確認しよう

猫の健康状態を確認しよう

インターネットなどで欲しい猫が見つかったら、すぐにその子に決めてしまう前に実際に会いに行くことをオススメします。

これから一緒に生活をともにする相手です。実際に間近で猫を観察し、その猫が健康かそうでないか必ず確認しましょう。

観察するだけでなく、実際に触れてみて健康状態を確認することも大切です。

健康状態チェックのポイント

口の中は綺麗でしょうか?

歯茎がピンクでしっかりした状態か確認しましょう。よだれが出ていると口内炎があったり、口の中を怪我している可能性があります。

耳の中は綺麗でしょうか?

耳の中ののぞいてみて、状態は綺麗か、悪臭はしないか確認しましょう。黒い耳垢がある場合は耳ダニの可能性があります。

目は透き通った綺麗な状態でしょうか?

目やにがひどい状態だったり、まぶたの内側に白い膜がある場合、病気の可能性があります。

鼻は湿っていますか?

健康な猫は起きているとき鼻の頭が湿っています。また、鼻水やくしゃみをしている猫は病気の可能性があります。

肛門は綺麗でしょうか?

肛門が綺麗で、しっかりと閉まっている猫は健康です。赤くただれていたり、汚れている場合は慢性の下痢の可能性があります。

毛並みは綺麗でしょうか?

毛が薄かったり肌が見えている部分がある場合、アレルギー性皮膚炎などの病気の可能性があります。毛並みにツヤがあれば健康な状態です。

足は太くしっかりしていますか?

健康な猫は太くしっかりとした足をしています。動き回る猫を観察し、歩き方はしなやかか、足を引きずっていないか確認しましょう。関節に異常がある場合があります。

元気はありますか?

健康な猫は好奇心旺盛で常に動き回っています。元気があるか確認してみましょう。

猫の日常の様子を確認しましょう

一度猫を見ただけでは猫の日常生活の様子は分かりません。猫のお世話をしているひとに確認しましょう。

確認ポイント

  • しっかりとフードを食べているか
  • ウンチやおしっこはしっかり出しているか
  • 猫の性格は活発か、おとなしいかなど

寄生虫は最初に駆除しましょう

寄生虫とは「ノミ」や「ダニ」、「フィラリア」などの害虫です。

ペットショップやプロのブリーダーなら寄生虫の駆除を行なっているため心配ありませんが、それ以外で猫を入手する場合は飼う前に動物病院で寄生虫の駆除をしましょう。

野良猫にはほぼ寄生しており、寄生虫は人に感染する危険があるため、早めの駆除を推奨します。

ワクチンの接種、引き渡し条件を確認しましょう

ワクチン接種の証明書

生後二ヶ月頃に猫はワクチンを接種します。ワクチン接種をしているか、その回数、接種した時期を確認しましょう。すでにワクチン接種をしている場合は、動物病院が発行している証明書を貰えるかどうか聞いてみましょう。

引き渡し条件の確認

猫の引き渡しが決まると引き渡し条件の書かれた契約書を取り交わすことになります。どのような引き渡し条件があるか事前に確認しましょう。

トップページへ戻る

よんでほしい記事

猫 心構え 1

猫と一緒に生活していくとその素晴らしさがどんどん見つかっていきます。 しかし猫は簡単に飼える動物ではありません。 飼い始める前に一度立ち止まり、どのような心構えが必要なのか考えてほしいと思います。 こ ...

-猫の健康状態, 猫を迎える前に

Copyright© ネコTOWN , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.