猫と暮らす 猫のお留守番

猫に留守番をさせる方法

猫にお留守番をさせるには

出張や旅行などで一時的に外泊しなければならない。そんなときに猫にお留守番をさせないといけない、という場面が今後出てくるかもしれません。

初めての猫のお留守番は、あなたも、猫も、不安で一杯だと思います。

そこで、あなたが留守中でも猫が快適に過ごせるように、出かける前に留守番の準備をしっかり整えましょう。

猫に留守番をさせるには?

何泊までなら猫はお留守番できる?

まずはじめに説明すると、猫はもともと単独生活をする動物なので、2泊以内ならば単独での留守番は大丈夫です。

ペットを預けられる施設もありますが、知らない場所にいきなり預けられるより、住み慣れた環境で過ごす方が猫のためでもあります。2泊以内ならば留守番をさせましょう。ただし、3泊を超える場合はペットを預けられる施設や、ペットシッターなどにお世話してもらいましょう。

注意ポイント

子猫のうちはどんな事故が起きるか分からないため、外泊はなるべく避けましょう

猫の食事やトイレ、温度管理の準備

猫に留守番をさせるのであれば、猫の食事やトイレがスムーズにできるようにしておかなければなりません。

キャットフード、水

留守中に傷みにくいキャットフードを用意しておきましょう。猫にお留守番させる期間を計算し、キャットフードを用意します。

水は一箇所では心もとないため、複数飲める場所を用意しましょう。

トイレ

トイレが汚れていると別の場所で排泄をしてしまうことがあります。そうならないよう、出かける前にトイレの掃除はしっかりと行いましょう。

トイレは一ヶ所ではなく、複数箇所に設置することで分散させ、うんちなどで汚れるのを遅らせることができます。

温度管理

特に夏場の場合、締め切った部屋では熱気がこもり、猫が熱中症を引き起こしてしまう恐れがあります。長時間留守番させるときはエアコンでしっかりと温度を管理しましょう。

猫の留守番便利グッズ

  • 自動給餌器

決まった時間に決まった量のフードを出してくれるため、猫の健康管理をするうえでもオススメです。


  • 自動給水器

水を浄化させる機能が備わっていれば新鮮な水を猫に与えることができます。

  • 全自動トイレ

排泄物を自動的に収納先へ送ってくれます。トイレを清潔に保てるため、猫が別の場所で排泄してしまうのを防ぐことができます。

3泊以上留守番させるときは信頼できる人に預けましょう

3泊以上猫にお留守番させるなら、信頼できる人に猫のお世話をしてもらったほうが安心です。動物病院やペットホテルなどを利用するか、ペットシッターなど信頼できる人に預けましょう。

猫は単独で生活していた動物ですが、やはりお世話をしてもらった方が快適に生活できます。ストレスを溜めさせないためにも誰かにお世話をしてもらいましょう。

動物病院、ペットホテル

普段利用している動物病院なら猫の状態を把握しているため、スムーズに猫のお世話をすることができます。健康管理もしっかりと行ってくれるでしょう。

ペットホテルの場合はサービス内容を確認し、事前に下見をしたり、説明を聞いておきましょう。

動物病院やペットホテルに預ける場合、事前にワクチン接種が必要となります。

ペットシッター

ペットシッターにお世話をお願いする場合は事前にしっかりと面接を行い、家の鍵を預けられるかどうか判断しましょう。もし外泊するのが先であれば、一度ペットシッターに家に来てもらい、普段の猫の様子や給餌方法を見てもらうと安心です。お世話の仕方のメモを用意するのもオススメです。

トップページへ戻る

よんでほしい記事

猫 心構え 1

猫と一緒に生活していくとその素晴らしさがどんどん見つかっていきます。 しかし猫は簡単に飼える動物ではありません。 飼い始める前に一度立ち止まり、どのような心構えが必要なのか考えてほしいと思います。 こ ...

-猫と暮らす, 猫のお留守番
-, ,

Copyright© ネコTOWN , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.